北の国からタイガース

北の国からタイガースを応援するブログ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年のタイガース選手 勝手に通信簿

まず最初にチーム全体について考えてみると、金本の怪我、
岩田の不在、ジェフ、アッチソンの退団とシーズン当初から
問題は山積みだった。

シーズン当初からそんな問題を抱えながら、最後まで優勝を
争ったのは、ある意味良くやったという見方も出来るかもしれない。

でも、逆に、今年のセリーグは力の抜けたチームが無く、
どこかであと1勝、2勝していれば優勝出来ていたのも事実で、
真弓の痛い采配さえなければおそらくは優勝していただろう。

以下は私の個人的な記憶と印象に基づいており、間違っている部分も
あると思うが、ご了承頂きたい。厳しく書いた選手はそれだけ期待して
いるということ。


【マートン】
マートンについては何も言うことは無い。マートンが今シーズンいなかったと
思うと、おそらくAクラスは無かっただろう。強いていえば、打球を追う一歩目が
もう少し早ければと思うが、打つ方で充分にカバーしている。

【平野 恵一】
シーズン当初、バントが決められず、イライラさせられたが、中盤以降、打つ方では
文句なしの活躍。守備も今のタイガースでは上手い方。ただ、どうも華麗にプレーを
しようとするためか、失敗した時は雑なエラーに見えるプレーが多い。
現役時代の平田のように地味でいいから、もっと堅実な守備を目指してほしい。

【鳥谷 敬】
今年は初の3割達成だが、鳥谷ならまだまだ上を目指せるはず。コンスタントに.330
ぐらいはいけるのではないか。ショートで打点104も立派。

【新井 貴浩】
.310で112打点も稼ぎながら、今ひとつ勝負弱い印象が残るのは新井に対する期待の
大きさだろう。数字的には文句ないが、得点圏打率がトータルの打率をわずかだが、
下回っているのが、4番として少し物足りないところかもしれない。
ただ、金本の欠場で即席の4番としては良くやった。全てではないが、4番としての
役割をきちんと出来ている試合もたくさんあった。去年と比べると格段の進歩だ。

【城島 健司】
今の情けないチーム状態は真弓には変えられない。変えられるのは城島ぐらいでは
ないだろうか? 今年は1年目で何かとやりにくい面も多かったと思うが、キャッチャーと
いう大変なポジションをこなしながら、打つ方でも良くやっていたと思う。
ただひとつ、パスボール(記録はほとんどワイルドピッチだが)の多さは近年の
タイガースのキャッチャーでは際立っている。身体が資本の野球選手で怪我をしたくない
のは分かるが、キャッチングの技術でカバーして、身体で止めてほしい。

【ブラゼル】
シーズン終盤の不調が痛かったが、全般的には期待以上の活躍。記録的には
狭い東京ドームが本拠地のラミレスがホームラン王ということになっているが、
真のホームラン王は間違いなくブラゼル。来期も同様の活躍をしてほしい。
不振時にボール球に手を出さなければ、ハンデがあっても来期はホームラン王だ。

【桜井 広大】
守備を何とかしないと話にならない。高校野球に入っても下手な方ではないか。
この守備力なら、.330で30本ぐらい打ってもらわないと使えない。

【藤川 俊介】
俊介の登場は今年のタイガースにとても大きかった。素人のような外野守備陣の中で、
唯一まともな守備ができる選手。バッティングセンスも非凡なものを持っているので、
来年はもっと伸ばせればいい選手になるはず。単なる代走守備堅め要因にはなって
ほしくない。

【久保 康友】
私の中では今年のMVP。能見、岩田がいない投手陣で、もし久保の活躍がなかったら、
Bクラスどころか下手したら最下位争いも有り得た。真弓の間抜けな投手交代が
無ければ最多勝のタイトルも獲れたはず。

【金本 知憲】
タイガースに来てから一番辛いシーズンだったと思う。連続出場記録を止めるのも、
もしかすると自分自身の判断だけでは出来なかったのかもしれない。
ただ、来期は肩が治らないままでは出場するべきではない。記録のための代打出場を
今後も続けると、自分自身の偉大な記録にケチが付くことになる。

【藤川 球児】
球児にとっても今年は最近になく厳しいシーズンだったに違いない。
特にシーズン中盤以降は武器である火の玉ストレートの威力が薄れ、
並の速球ピッチャーの球になっていた。
おそらく自分でも意識したのであろう。これまでど真ん中でも投げていれば良かったのが、
変にコントロールを意識して、コーナーに決めようとして、逆にコントロールに苦しむ
姿を何度も見た。来年は球威を取り戻せるか。ダメなら、投球術の転換も迫られる
難しいシーズンになりそうだ。

【西村 憲】【渡辺 亮】
シーズン序盤、この西村と渡辺がもし居なかったらと考えると恐ろしい。
先発がほとんど総崩れの中、二人とも良く投げた。疲れもあったのか、
シーズン後半に二人揃って調子を崩したのは痛かった。来季はシーズンを
通して如何に好調を持続できるかが鍵。

【スタンリッジ】
投げてみないと分からない不安定さはあったが、先発の頭数としては機能した。
11勝5敗防御率3.49はそれなりに評価できるのではないだろうか。

【メッセンジャー】
スタンリッジ同様、先発の頭数にはなったが、こちらはさらに不安定。
進化が見られなければ来季は厳しい。

【久保田 智之】
JFKの一角、かつてのクローザーも甲子園でブーイングを受けるほどに
落ちぶれてしまった。チームはまだまだ久保田の力を必要としているし、
それに応えるだけの球威も健在だ。ただ、勝負どころでのコントロールの
甘さは致命的。これを修正できるか。

【秋山 拓巳】
久々に活きのいい若手投手が現れた。高卒ルーキーながら、なかなかの
投球術も持ち合わせており、今後が楽しみな存在だ。無理をさせて潰して
しまわないように、大切に育ててほしい。

【安藤 優也】
一言、残念。かつてはタイガースのエースと言われた男も今や面影すらない。
もはや限界か?

【下柳 剛】
微妙なコントロールが生命線の下柳だが、今年はその制球に苦しんだ。
空振りを取れるようなピッチャーではないだけに、制球力の修正ができないと
来季は厳しい。

【能見 篤史】
ただでさえ岩田がいない中、能見の戦線離脱は痛かった。
復帰後の素晴らしい投球を見ると、能見さえシーズンを通して居てくれれば
優勝出来ていたのは間違いなかっただけに残念だ。
『無事これ名馬』という格言があるように、プロ野球選手は怪我をしないことも
含めた体調のケアが必要だ。来季は今季の分も合わせての活躍を期待する。

【 矢野 燿大】
城島の加入による新旧交代という時代の流れには勝てなかったが、
矢野は本当にいい選手だった。画面を通してもひたむきさが伝わってくる。
ある意味、今のタイガースに覇気が感じられないのは矢野が居なくなった
せいもあるのかもしれない。引退の挨拶には思わず涙が出てしまった。
いつかタイガースの監督として帰って来てほしい。


人気ブログランキングへ

来年は日本一だという人、応援クリックを。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

来年は優勝だという人、応援クリックを。
スポンサーサイト

| シーズン総括 | 19:15 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【クライマックスシリーズ 第2戦】 虚人戦 あほらし

弱い

ほんまに弱い


史上まれにみる弱さ


ほんまに勝つ気あるんかと思うぐらい弱い。

勝ちたくないんやないかと思うぐらい弱い。


投手力、守備力、打撃力という問題を超越して、
精神面で勝負になっていない。

今日なんて、どう考えても勝てる試合。

それを、平野の2つのエラー。真弓の後先考えない継投で
ぶち壊し。


平野は時に素晴らしいプレーを見せるかと思うと、
何でもないゴロを雑にさばいてエラーをする。
今日の2つ目はエラーというには少しかわいそうな
当たりではあったが、プロなら捕って当然。

結局、平野の2つのプレーがきっかけとなって、5点を失った。
最初のエラーの後にタイムリー3塁打で一度はミスを帳消しに
してみせたものの、2つ目のエラーははっきりと試合の流れを
変え、今日の一番の敗因となった。

真弓の継投が何も考えていないのもいつもどおり。

好投している久保を早めに代えてこれまで何度失敗して
きたことか。今日の久保は完ぺきではないにしろ、6回で
変えたら、久保田か球児が2回を投げざるを得ないことは
分かっている。

しかも、その二人も、今シーズンは盤石ではない。
ならば、久保を少なくともあと1回。場合によっては
8回まで引っ張るべきだった。

不幸中の幸いなのは、こんな馬鹿げた試合を今シーズンは
これ以上見なくていいこと。

ただ、残念なのは、真弓を始め、首脳陣が全員残留なら、
この情けないチームは変わらない。

いつからタイガースはこんなに『へたれ』集団になったのか?

先日、札幌の病院で84歳の老人男性と知り合い、タイガースファンと
いうことで阪神の話をした。

下らない虚人戦の中継しかなかった北海道で何十年もの間
タイガースファンを続けて来られたこの男性と知り合えたことを
とても嬉しく思ったが、この男性も私と全く同じ意見だったのが
興味深い。

『真弓の継投はダメだ。監督には向いていない。やっぱり野村か
星野みたいなのが監督をしないとダメだ』


私も全く同じ意見だ。




人気ブログランキングへ

来年は優勝だという人、応援クリックを。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

次も勝てという人、応援クリックを。

| 試合 | 19:55 | コメントはこちらから:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【第144戦】 横浜戦 どこまで勝負弱いねん

どこまで勝負弱いねん。

こんなにここ一番に弱ければクライマックスシリーズなんて行っても一緒。
東京ドームだろうが甲子園だろうが勝てない。

精神的に弱すぎる。

来シーズンも真弓ではこの精神的な弱さはおそらく変わらない。

本当に真弓でいいのか?

秋山はかわいそうに1失点で負け投手。
これでは育つ新人も育たない。

楽天に星野さんを渡してる場合じゃない。


人気ブログランキングへ

来年は優勝だという人、応援クリックを。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

次も勝てという人、応援クリックを。

| 試合 | 20:42 | コメントはこちらから:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【第143戦】 横浜戦 明日勝ってこそ

ここへ来てこれだけ危なげない試合で4連勝出来るなら、
なんであの時と思ったファンも多いはず。

なんでこんなに楽に勝てるか?
答えはおそらくプレッシャーがかかっていないから。


しかし、明日はちょっと訳が違う。

明日勝てば自力で2位になり、CS第一ステージの甲子園開催が
決定する。このプレッシャーのかかる明日の試合を今日同様に
完勝してこそ、CSでまともな試合が出来るだろう。

プレッシャーに極度に弱いタイガース。

早くそんなことを言われなくなるように、ここ一番にも強さを
発揮できるチームになってほしい。

明日はその試金石。

それはそうと、星野さんはどうするのだろう?
私としては今のタイガースを変えられるのは、星野さんのような
監督が一番だと思っているので、楽天にはいかないでほしい。

ここで楽天に持っていかれるのなら、タイガースでシニアディレクターを
していた意味が全くなくなる。

来期の真弓がどうしても覆らないのであれば、その翌年には
是非、星野さんに今のタイガースを変えてもらいたい。


人気ブログランキングへ

来年は優勝だという人、応援クリックを。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

次も勝てという人、応援クリックを。

| 試合 | 21:48 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【第142戦】 ヤクルト戦 神宮バッティングセンター

タイガースのみなさま、神宮打撃練習お疲れ様でした。

今日は2回の9得点を見た後、スカパーの音だけ聴いて
映像をほとんど見ていなかったので、能見がなんで4点も
取られたのか良く分からないが、あまりに点差が開きすぎて
省エネ投球でもした結果だろう。

今日の一番の収穫はブラゼルの2発。
これからの短期決戦を勝ち抜くにはブラゼルの復調が不可欠な
だけにこれは大きい。


それに、2位争いを考えて残り3試合全てを勝つとすると、
一番のハードルになるのが今日のヤクルト戦なだけに、その
ヤクルトを難なくクリアし、大量得点で残り試合に勢いを
付けたのも大きい。

さらに、首位打者争いを考えると、青木を1安打に抑え、
マートン、平野が共に3安打を打ったのも大きいし、
ホームラン王争いではブラゼルが2本打ったのも大きい。
もっとも、甲子園のブラゼルと東京ドームのラミを比べること
自体、おかしな話なのだが。本拠地が逆なら、70本対30本
ぐらいではないか。


とにかく、今日の試合は色んな面で意味のある試合となった。
これで弾みをつけて残り試合も爆発してほしい。

はっきり言って、2位なんて優勝に比べれば100分の1の
価値もないし、2位争いなんてどうでもいい。
しかし、タイガースが読売の下にいることだけは許されない。


人気ブログランキングへ

来年は優勝だという人、応援クリックを。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

次も勝てという人、応援クリックを。

| 試合 | 21:38 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。